車を売る前に知っておきたいこと

キズ・ヘコミは直すべからず

車を売る時にキズ・ヘコミがあると評価が下がり、査定額が低くなるのは、みなさんも知っていると思います。
そのため、査定前にキズ・ヘコミを修理するという人も少なからずいます。
しかし、これはやらない方が良いです。
なぜなら、キズ・ヘコミを修理したところで、査定額がプラスになる可能性が低いからです。

例えば、修理前の査定額50万円だったとして、修理をすると52万円という査定額にアップするとします。
一見、2万円アップするので、修理した方が良さそうな気もしますが、修理費用のことを忘れていませんか?
仮に修理費用が2万円以内であれば、プラスになりますが、それを超えてしまうとマイナスになってしまい赤字です。
そして、修理後と修理前の査定額の差額が、修理費用を上回るケースというのは、無いと思ってください。
もし、あったとしてもそれは非常に稀なことです。
大半はマイナスになってしまうので、キズ・ヘコミがある場合は、そのまま買取してもらいましょう。

確かにキズ・ヘコミがあると評価が下がりますが、買取店側も小さなキズやヘコミは大目に見てくれることが多いので、それほど気にする必要はありません。
逆に気にしているとそこを営業マンに上手く利用されてしまい、買取価格が安くなってしまうことがあるので、状態が悪くても自信を持って査定に挑みましょう。

 

Page top