改造車は要注意

改造車を売る時の注意点

改造車を売る場合、絶対にやっておきたいことがあります。
それは、社外パーツを取り外し、純正パーツを取り付けるという作業です。
基本的に買取業者は、社外パーツを取り付けている車を嫌う傾向があり、そのままの状態で売ってしまうと大幅な減額となります。
逆に純正パーツは、高く評価されるので、元の状態に戻すことによって、査定額がアップします。
そのため、改造車を売る場合は、必ず純正パーツに戻すようにしましょう。

ただし、戻す場合に工賃が高くつくのであれば、そのままの状態で査定してもらってください。
例えば、そのままの状態の査定額が30万円だったとして、元に戻すことで35万円にアップするとします。
5万円もアップするので、絶対に戻した方がいいと思うかもしれませんが、工賃をここから差し引いてください。
工賃が5万円以内であれば、プラスになりますが、それを超えてしまうとマイナスになってしまいます。
埋め込みタイプのオーディオやナビだと工賃が高くつく可能性があるので、そのまま売ってしまった方が良いです。
改造車を元に戻す場合は、自分で取り外し取り付けができる範囲というのを目安にした方が良いでしょう。

また、そのままの状態で査定する場合は、純正パーツも一緒に提出するようにしてください。
それだけでも、査定額がアップします

 

Page top